CATEGORY

SHOP INFO

  • ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

BLOG

2024/04/16 16:51

こんにちは。メゾン・プティ・ルナールです。フランスよりバンドデシネ作家のDavid Prudhomme(ダヴィッド・プリュドム)さんと、彼とともに『Sumographie(スモウグラフィ)』などにも携わったシナリオライターのSonia Déchamps(ソニア・デシャン)さんがお店に来てくれることになりました!
4月27日(土)にサイン会を開催します!!
--------------------------開催期間--------------------------
サイン会:2024年4月27日(土)15:30~18:30
(途中作家さんの休憩あり)

Séances de dédicaces
Samedi 27 avril 2024 15:30 - 18:30
*Il y aura une pause pour l’artiste au cours de la séance .

--------------------作家プロフィール--------------------
David Prudhomme(ダヴィッド・プリュドム)
1969年トゥール生まれ、ボルドー在住。アングレームの芸術学校を卒業。
新作に取り組むたびに、テーマに合わせて新しいスタイルに挑戦している。2004年、日仏のマンガ家によるアンソロジー『JAPON』(飛鳥新社)の企画に参加するために初来日し、九州に滞在。さまざまな刺激を受ける。2012年に再来日を果たし、福岡を拠点に力士をテーマにした創作に励む。力士のイラストは300点にのぼり、それらをもとにフランスで展覧会が行われ、『Sumographie(スモウグラフィ)』という書籍が出版された。Télérama誌は2009年Futuropolis社より出版された『Rébétiko(レベティコ)』を彼の最高傑作と評し、Lire誌は2010年最高のグラフィック・ノベルに選んだ。プリュドムは、アングレーム国際漫画祭、サン・マロ・フェスティバル、モナコ・フェスティバルでも賞を受賞している。彼の音楽コレクションには、マルコス・ヴァンヴァカリス、ヨルゴス・バティス、アネスティス・デリアスのレコードがある。
David Prudhomme was born in 1969 and lives in Bordeaux in France. He is a graduate of the Arts School of Angoulême. In 2006, he adapted two novels by François Villon, and collaborated with Rabaté on La marie en plastique, published by Futuropolis. Télérama considered Rébétiko “his masterpiece,” and Lire named it the best graphic novel of 2010....
Prudhomme was also honored by prizes in the Angoulême Festival,  the Saint Malo Festival, and the Monaco Festival. His music collection includes records by Markos Vamvakaris, Yorgos Batis, and  Anestis Délias.


Sonia Déchamps(ソニア・デシャン)
1987年生まれ。歴史を学びながら20歳でラジオ放送局“ヨーロッパ1”の編集部に入り、6年間勤めた後、ラジオ・フランスの若手ラジオ局ムーヴに入社。フランス文化(Le Réveil Culturel、La Dispute)、Polar+(Pistes Noires)、Le Monde des ados、Les cahiers de la BD、Casemateで活躍する文芸ジャーナリスト。作家としては、Alain Kokor(アラン・ココル)とともに『La Revue Dessinée』、Clément Paurd(クレマン・ポールド)とともに『Mâtin!』(ダルゴ社)、David Prudhomme(ダヴィッド・プリュドム)とともに『Sumographie(スモウグラフィ)』(ソレイユ社)を出版。
2020年6月より、アングレーム国際漫画祭の共同アート・ディレクターを務める。
Née en 1987, Sonia Déchamps a intégré à 20 ans, en parallèle de ses études d’histoire, la rédaction d’Europe 1, où elle a travaillé six ans avant de rejoindre Mouv’, la radio jeune de Radio France. Journaliste littéraire, passée par France Culture (Le Réveil Culturel, La Dispute), Polar+ (Pistes Noires), Le Monde des ados, Les cahiers de la BD ou encore Casemate, elle a initié le cycle Les jeudis de la bande dessinée au Centre Pompidou. Autrice, elle a collaboré avec Alain Kokor dans La Revue Dessinée, écrit des strips avec Clément Paurd pour Mâtin! (éd. Dargaud) et publié Sumographie avec David Prudhomme (éd. Soleil). Elle est par ailleurs engagée aux côtés de l’association La ZEP (La Zone d’Expression Prioritaire) avec laquelle elle mène des ateliers d’écriture auprès des 15-25 ans. Depuis juin 2020, Sonia Déchamps est codirectrice artistique du Festival International de la Bande Dessinée d’Angoulême.